沼津市|妻の浮気 夫婦の修復

0120-559-445受付時間:9:00~23:00 相談無料

一人で抱え込まないで

男性は、家でのプライベートを他人に相談するのに高いハードルがあります。それ故に、一人で抱え込み寝れず、食べれず心身共に ボロボロになってしまいます。自分を俯瞰して見れば解決できる方法が解けるのですが、悩みや不安は霧のように目の前の毎日の 日常生活ですら先を遮ります。私どもは、探偵業ではありますが長年夫婦カウンセラーとしても事業を行って来た経験を活かして 調査や調査後の夫婦の行先を見据えてアドバイスやサポートをしている探偵社です。
調査での結果をどのように使うか、どのように活かすかで、依頼者のその後の人生が大きく変わることを知っています。それは、 調査後もカウンセラーとしてのサポートをしてきて夫婦問題の終着点まで依頼者の希望であればサポートしてきたからです。 通常の探偵社では、調査を終えて簡単なサポートや弁護士を紹介して終わりますが、カウンセラーとしての経験がありますので、 その時の旦那様の気持ち、奥様の本音が何なのかを俯瞰して見ることが出来ます。何を改善して何を見直して、今までの努力と努力の仕方を 変えれば実りある夫婦関係になるのかを知っております。殻に閉じこもっていても周りは変化していきます。小さな一歩が大きな変化に 繋がる一歩になります。解決する道筋が見えると霧も晴れてきますよ。

浮気相手の男性と縁を切っただけでは修復は出来ない

確かに、浮気相手の男性の影響は奥様の心に大きく影響していますが、浮気をしている原因は他にあります。原因を解決しなければ、 同じ結果を繰り返していきます。病気に例えると、病気は結果で病気の原因究明が予防や再発を防ぐのと同じです。
仮に浮気相手が癌であれば、癌の切除や排除は早急に行う必要はあります。その後は、病気になった原因の日常生活の改善が 求められます。これを怠れば、癌は他に転移して再発する可能性が高くなるのと同じということです。
浮気相手との縁を切ることは、早急に行う必要はありますが、その後の奥様の心身のケアや夫婦のあり方や二人の今までの日常生活の 過ごし方や考え方の改善が鍵になります。

酔っ払いと一緒

不倫をして酔っている人は、まるで色々な不満や事情を抱えて深酒をして泥酔している人とどこか似ています。 アルコールに頼る人は、アルコールを止めろといっても止めれません。現実逃避でお酒という夢に逃げているのです。 酔っている方と真面な話し合いをしても、状況は悪化するばかりで 話の進展はありません。そんな時は、酔いが醒める時に向けて、話し合いのための準備を着実にしておくことが大事です。止まない雨がないように、一見、酔いが醒める気配がない今でも必ず、我に戻り醒めなければならない時がきるのです。 10年以上の探偵業を経験して、浮気相手との関係や冷静さを取り戻すような酔いが醒めない関係は一度もありませんでした。必ず醒める時が来るので、その時にどれだけ準備と用意をしておくかが、その後の状況に大きく影響します。焦らず着実な行動が肝になります。


夫婦の修復を見据えた方向

夫婦関係の修復を望まれる場合には、夫婦お互いの傷みはお互いに分かち合わないと根本からの修復は望めません。 妻の浮気の原因の50%は自分にあり、50%は妻にあります。相手の至らなさを責める前に、この機会に相手の立場からみた 自分の至らなさに気づけば、夫婦の話し合いの時に大きな変化をもたらします。
その後、妻には浮気の結果の責任の50%を自覚させて、残りの50%を浮気相手の男性に責任と取らせれば、夫婦関係の古傷を悪化 させることがなくなるでしょう。人は他人に厳しく自分に甘い判定を下してしまうものです。時に、相手が自分が気にしていない事を 酷く心を傷めていたり、寂しくいたりします。自分から見た時分の姿ではなく、相手から見た自分の姿を知ると、夫婦の修復に大きな兆しが見えてきます。また、旦那様がそうなれば、原因と結果の責任がある妻は、自分の惨めさや申し訳なさを感じざる得なくなります。

浮気相手の特定

腐れ縁が問題

男と女が一度、深い関係になった場合、関係を断ち切るのは困難です。夫婦関係の修復には妨げになります。そのためには、 妻側でくい止めるのではなく、浮気相手の男性側が近寄れない状況を作るのが良いです。 ただし、妻との話合を飛び越えて浮気相手の男性と話し合いを開始してしまうと、妻からすると私を大切にするという思いより、 私を懲らしめたい、私を縛りつけたいがためにしていると、被害妄想的で感情的に受け取り方をされてしまう場合があるので、 あくまで夫婦関係の修復と話合いの後、最後に浮気相手に釘を刺すために断ち切るという話合いと解決する順番が夫婦の修復をする上でポイントになります。

浮気相手の男性から慰謝料は取る!!
夫婦の修復において、浮気相手から慰謝料を取る目的は、謝罪(慰謝料)だけではなく、こちら側と今後に関わりを断ち切るという ケジメになります。
ただし、奥様との夫婦関係が一番でこちらを時間をかけて、じっくり解決した後に行動してください。 奥様との関係が十分に治まっていない段階ですと、奥様は旦那様の行動を順番立てて見ています。女性は、自分に対してどれだけじっくり 向き合ってくれる人を信用しています。出口が見えたからと行って先に行ってしまうと、せっかくの夫婦の修復の兆しが水の泡になってしまうので、浮気相手の男性との決着は、慰謝料請求に3年の猶予があるので、相手が油断した時の制裁の方がより、効果抜群できるので、 自分達の夫婦の足場固めの後に男同士で決着をきちんと済ませれば、後々にコソコソ二人の関係が続く腐れ縁の防止になり、夫婦問題に向き合うことにもなります。また、慰謝料をきちんと支払いを受ければ、再度同じ、相手と同じ過ちを犯せば、相手の男性にとって大きなデメリットの壁ができるので、現時点で気持ちを通わせられる相手かもしれませんが、浮気相手の男性がその他の女性に目が行くようにもなります。

決定的な証拠は準備や用意に欠かせない

言い訳や嘘・ダンマリ・口裏合わせは、想定しておいて
元々、嘘を言って浮気をしているわけですから、浮気を素直に認めたりするわけは到底ないと誰しも思うと思います。実際に、素直に認める人たちは、一握りもいません。だから、奥様や浮気相手の男性が 言い訳や嘘・ダンマリ・口裏合わせは、想定しておいてその先の準備をしなければなりません。嘘を嘘と証明するためにも、二人が不倫関係(肉体関係)がある事実証拠と後々に浮気相手の男性に慰謝料請求する可能性を踏まえての万全の証拠を二人が油断している時にしっかり証拠を固めることが大事になります。 男性の浮気では、嘘をついたりコソコソ浮気をする人は、家庭内で満たされない一部分を浮気相手の女性と満たせば満足と割り切っての浮気をするケースが多いですが、女性が嘘をすいたり、コソコソ浮気する理由は男性とは違い、もっと自己防衛的な理由を抱いています。 収入面や子供の年齢で離婚した後の生活を考えていたり、離婚する際の慰謝料のデメリットをなくしたいと思うなど、この部分は男性よりもドライな現実的な考えが裏に隠れています。
妻との話合いでは極力証拠をださない
昔の方々では、証拠をドンと出して有無を言わせないというやり方は通じた場合もあったでしょうが、これは攻撃的な感情を煽り、傷口を広げるだけになるのでやめた方が良いと思います。
夫婦が修復する可能性を残して話合いをするのであれば、この先、協力して信頼できる関係をもう一度築く相手に二人にとってなるわけですので、感情的なお互いを罵り合うような展開になるようにするのではなく、お互いを理解しあうための理性的な話合いの展開にしなければなりません。
だから、SNSや携帯電話などで気軽に情報が伝達する世の中ですので、浮気の現場が友人・知り合いがたまたま見たり、携帯で写真を撮ってくれたという、自分達のミスで浮気が広がったという思い込みをして認めさせる第一段階を作ると、自意識過剰な女性は、女性の常識では ありうると思うので、感情的になりにくく、話の本題を脱線しないようにもなります。
また、最初から手の内を見せない理由の、もう一つの理由としては、浮気相手に油断させておく事ができるからです。浮気の証拠が断片的であれば、奥様から浮気相手にその情報は伝わります。そうなれば、男性はその程度なら嘘や言い訳を用意しておけば大丈夫と思って、引っ越しや職場を変えなかったりとノホホント生活していてくれるからです。慰謝料請求は3年の猶予があるので、奥様と夫婦の問題を1年かけて解決しても2年の期間があります。夫婦の問題が解決して、気持ちに余裕ができた万全の体制で、かたや相手の男性は、過去の事と思いこんで油断している時に一気に決着をつけることができます。

ライフサポート総合探偵社は、探偵としての仕事に加えて 長年 夫婦カウンセリングや離婚カウンセリングを行ってきております。証拠を手にした依頼者さんが使い方を間違えて、 泥沼に落ちる姿をみて、カウンセリング事業を立ち上げて、調査後のサポートもしてきました。小さなお子様を抱えての夫婦の困難な 時期の家庭もあるでしょう。できれば、困難を機に良い夫婦関係をつくり、子供にとっても良い機会になるような方法を見いだせれば良いのですが、様々な感情や不安が覆いかぶさり、視野が狭くなってしまうでしょう。探偵会社では、探偵業とカウンセリング業を両立して提供しているのが当社が先駆けになっています。調査後のカウンセリングサポートから夫婦関係を主に対応してくれる弁護士・行政書士の紹介まで行っています。

調査報告書

暗視カメラ 浮気の証拠
LINEやメールの内容・デートなどの少ない写真で慰謝料を取れる不貞の証拠と思ってしまっている場合が多く、 実際に話合いや行動を起こしてしまって、事態を大きくしてしまって離婚になり慰謝料や謝罪もない状況になってしまっている方々が出てきています。浮気相手から慰謝料・離婚調停・離婚裁判では、浮気の証拠ではなく不貞の証拠が必要になります。頼りになるプロの探偵が用意する不貞の証拠がここぞの時に役立ちます。
離婚・慰謝料を取るための探偵が用意する証拠
妻の浮気調査 妻の浮気の兆候や浮気相手・浮気調査のタイミング
妻との夫婦修復を視野にいれた浮気調査
妻との離婚を視野にいれた浮気調査
その他 浮気調査自分で出来る?
離婚を責め立てられてもストップできる!!
浮気調査費用

ライフサポート総合探偵社 沼津

探偵 沼津相談室
沼津相談室 静岡県沼津市花園1-4venture office(フローデンスエトー)202
MAP 詳しい地図でのご案内はこちらから
お客様 電話相談窓口 9:00-23:00
FrreDaial:0120-559-445
お客様 メール相談窓口24時間
お約束 ・当社での調査に関する相談や見積もりは無料。相談・見積もりのみでもOK!!
・ご相談は静岡県の3拠点、静岡・浜松・沼津の相談室で行なえます。
・浮気調査など調査後のサポートもカウンセラーが無償でアフターケア
・ご依頼後に弁護士・行政書士など法律家の紹介も行っております。
・当社は、健全な探偵業務のため、探偵業許可書を沼津警察署に届出して営業
・探偵業法に従い、違法行為や暴力団に関わる探偵業務は行ってません。

※静岡県の3拠点の相談室で相談可能。
※相談・見積もり完全無料

お問い合わせフォーム

無料相談窓口

受付時間 9:00-23:00
free: 0120-559-445

離婚カウンセリング

静岡新聞取材

探偵業法について