妻の離婚の決意が夫には寝耳に水な理由


男と女では基本的に似ているようで感覚は全く違います。
関係が上手くいっている時には、お互いに違和感を感じても、
お互いに都合よく解釈しても全く問題がありませんが、
二人の関係にヒビが入った時から、違和感が不信感に変わったり、
理解されていないと被害者のような意識に変わってしまいます。
どちらが正解はそもそもありませんが、 問題は関係が悪くなった時に明るさまになります。

そのため、女性が日々の不満を募らせて我慢の限界で夫に離婚を伝えた時には、女性的には90%以上の気持ちが決まっていても、 受取る男性は、多くて60%くらいだから、まだまだ改善できると思っています。
女性としては!!!!!何で!!!と思いますよね。でも、男性が女性に離婚話を持ちかける時には、60%くらいだから、 一緒だろうと思っているのです。

逆に男性が女性に離婚を伝える時に、このままだとそろそろ離婚考えるよという位で離婚話をするので、受取りの女性が90%と断定してしまうと、男性としては、そんなに離婚したくなかったのに、お前が進めただろ!!と口論もあるのです。

男女の常識がただ違うだけなので、自分の考えが常識というのは、争いを生み出すだけなので、この違いにビックリした方は、 初めに、こんなに違うという事を知った上でどうするのかをスタートしてみてください。

男は妻の離婚の意思に気づかなく、女性は、家庭内での男の寂しきを見落とす

女性は素直に。男性は思いやりを持って。

女性は自分の心の様子を素直に一つ一つを伝えること
「伝えてます!」という方もいるとは思いますが、寂しい感情を寂しいと素直に伝えてますか?
寂しさに気づいてもらえずに怒りの感情で伝えてませんか?
男性は、女性のように集団的な心のコミュニケーション社会で生きていないので、相手の心の感情がどうかを理解するのは、 女性が地図が苦手なくらい苦手です。
だから、気づいてもらいたくて、雰囲気やヒントのような合図は、女性同士があたり前に 感じあえる常識の感覚が男性には???????の魔訶不思議な理解ができません。
これは、女性のもつ能力で男性には持ち合わせていないのです。だから、男性が理解しやすいように、 単純明快な寂しい感情は寂しい、悲しい感情は悲しい、と素直に甘えれば、そのまま受け入れて貰えますし、 寂しいを怒りに変えれば、怒っているから火を消さなければとなり消して終わりになります。
本来伝えたい寂しさは伝えていないので伝わらす女性は、不信感を抱き、男性は、相手の要望に常に答えているのに、 不満がる女性に疲れ果てます。


男性は思いやりという優しさを見落とさないで
女性は、正しさより優しさを重視します。正論より思いやりに心を動かされます。
男性より感情豊なので、 言葉や接し方に心に比重を置いているのか効率なのかを直ぐに気づきます。
例え、世間と違った答えでも、思いやりと優しさに比重を置いた答えには、200点となりますが、 仕事的な効率さや損得で自分自身を判断されることには感情的マイナス作用が働くので、言葉・聞く姿勢が大切です。
特に、女性が言った言葉に「確かに・そうだね・わかる」の言葉で受け入れて違う角度の意見を言うのではなく、 はじめから、「何それ・ダメでしょ・違う」と否定する言葉を使って自分の意見を言い始めると、確実に拒否されます。
例え、女性の意見が正しくなくとも、そう思っている事を一旦汲み取ってあげて、それでどう思うの?と
違う見方を促してあげる思いやりや優しさが大切です。女性は、感情とコミュニケーションで生きているので、正しさを解決 で生きようとする男性的な生き方とは違うということを理解して下さい。

男性も女性も、浮気する理由は夫婦で満たされない気持ちを浮気相手で補っているので、 浮気=離婚ではないです。少し厳しいですが、パートナーは、貴方との関係に満たされない思いが あることも事実になります。満たされないのであれば、本当は貴方との関係で満たしたいけれど、 満たすことが出来ない環境があることを理解すれば、夫婦の問題解決になります。
浮気と本気の違いは、毎日帰って来て、家での不満が溜まると浮気相手と会うのは、 浮気で家に比重を置いています。ただ、浮気の結果に問い詰めたりフォーカスするとあなたから浮気相手に 気持ちの信頼を移すのを加速させてしまうので、夫婦関係に亀裂になっている原因を見つけ合う受け入れが夫婦修復には必要です。

浮気が本気になってしまっている場合は、夫や妻としての信頼を浮気相手になっている時です。
浮気されている側として不思議になるかと思いますが、浮気している側も被害者意識を持っていて、 浮気はしたくてしたんじゃない。パートナーにも責任があるとおもっているのです。
確かに、仮に子供が出来て子供中心の家で家に居場所を失ったりは被害の面もあるので、その通りです。
お互いの被害の主張を強くして、相手への思いやりが夫婦で持てなくては、離婚の方向に近づきます。
もちろん、片一方が受容的であっても、片一方が拒否していても離婚も考えなくてはなりません。

会社概要

会社名 ライフサポート総合探偵社(静岡本社)
設立 2004年10月
事業内容 探偵・興信所に関わる業務
住所 〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町11-8レイアップ御幸町ビル2F
住所 〒410-0065 静岡県沼津市花園町1-4Venture office202
電話番号 050-3764-7441
メールアドレス メール相談窓口24時間
友だち追加
業者営業 インターネット関連・広告・業務提携での問い合わせの場合、フリーダイヤル・電話での問い合わせは行わないようによろしくお願いします。→こちらから
業務内容 行動調査、浮気調査、不倫調査、家出調査、所在調査、身元調査、結婚調査、離婚問題対策、 詐欺調査、車輌位置探索調査、盗聴器発見、盗撮器発見、ストーカー対策、各種調査、個人信用調査、企業信用調査、裁判証拠収集、家出人捜索、行方不明人捜索、 人探し、従業員不正素行調査、DV対策


静岡県静岡市葵区御幸町11-8レイアップ御幸町ビル2FGoogleMap拡大版で見る

静岡駅北口から徒歩3分になります。・静岡駅北口 アソシアホテルの国道1号線を挟んだ向かいのビルになります。1階には、コンビニエンスストアのミニストップ・居酒屋の庄やの店舗になっております。最寄りの駐車場は、パルシェ駐車場になります。



静岡県沼津市花園町1-4venture office202GoogleMap拡大版で見る

国道1号線と学園通りとの交差点(共栄町)信号近くになります。近くの目印にスターバックスコーヒー沼津花園店・ジーンズのオサダ・ロイヤルホストがあります。駐車場は指定になるのでご案内致します。

Copyright(c) 2020 LIFE SUPPORT. All Rights Reserved.