妻の浮気から夫婦の修復|離婚

0120-559-445受付時間:9:00~23:00 相談無料

女性の不倫は、急加速

男性の不倫と違い、女性は心と体が一つなので、男性のように割り切りはありません。 関係が深くなるにつれて、夫との比較・家庭の不満・現実逃避・自意識過剰による被害者意識・夫との距離と 加速していきます。女性は、浮気する前に夫に女性なりのアピールでメッセージを送ってきますが、直接的に単刀直入に物事を言ってこないので、男性にとっては、非常に不可解で送ってきます。そのため、多くの男性はスルーしてしまい、夫婦関係が悪化した時に、妻からあれだけ伝えてきたのに解ってくれないんだからもういいとなってしまいます。女性は気づいて欲しいという気持ちが内面にあるので、男性のように直接、言っていくことはありません。だから、気づいてくれない時の失望感が不信感に代わってしまうのです。

酔っ払いと一緒

不倫をして酔っている人は、まるで色々な不満や事情を抱えて深酒をして泥酔している人とどこか似ています。 アルコールに頼る人は、アルコールを止めろといっても止めれません。酔っている方と真面な話し合いをしても、状況は悪化するばかりで 何も良い方向に向かいません。そんな時は、酔いが醒める時に向けて、話し合いのための準備を着実にしておくことが大事です。 10年以上の探偵業を経験して、酔いが醒めない関係は一度もありませんでした。必ず醒める時が来るので、その時にどれだけ準備と用意 をしておくかが、その後の状況に大きく影響します。


決定的な証拠は準備や用意に欠かせない

生理的拒否をされたら離婚も考えないといけない。
女性が本当に人を嫌いになると、生理的に受け付けないという表現をしてきます。肌に触られたくない・目を見て話さない・すれ違う瞬間に少し距離を取る・二人の空間を嫌うなどが 生理的拒否のメッセージです。そうなると、メールやLINEで仕事のような連絡事項のやり取りになって情緒を交わし合うような会話をしないのが特徴です。
女性は感情的な生き物
女性は、感情的な生き物なので、火が新聞紙に燃え移るように燃え盛り、灰になると、昨日あった参事が何時の事だかというくらいに移り変わります。感情的な女性ぽい女性は白黒つけたがり、攻撃的な時はより攻撃的ですだから、この時に焦って距離を縮めようとしたり、浮気相手との縁を切ろうとしたら、燃え盛る火に薪をくべるようなものになります。距離を取る時には、距離をとって静まった時に話合いが出来るように証拠を用意することが大事です。
妻との話合いでは極力証拠をださない
修復を望む場合には、夫婦の話合いをする際に全ての証拠は見せないことが良いです。女性は感情的被害妄想を連想させるので、調べた行為に対して過剰に被害者意識を持ちます。 ただし、全ての不貞の証拠(離婚でも通用する)が揃っていても、断片的な場面の証拠であれば、友人がたまたま見て携帯電話のカメラで撮って送った物などであると、 感情より、理性で話し合えます。では証拠はどこで使うかというと、不倫関係の腐れ縁を防止するために、浮気相手の男性に対して使うためです。
女性は同調してもらいたい
夫婦の話し合いの際に、男性側の言い分や気持ちを強く伝えれば伝えるほど、女性はドンドン旦那様にやっぱりダメだという気持ちになってしまいます。 浮気していた結果を責めるより、浮気の原因の夫婦のあり方の間違いが自分にもあった事を踏まえて、話会えると気持ちが理解されたということになり兆しが見える可能性があります。 ただし、的外れな同情や片寄った考えは、逆効果になるのでご注意を。
離婚は避けたいけれど、離婚調停の申し立てをされました
奥様が不倫をしている事実を隠して離婚調停を起こし、離婚しようとしている場合、旦那様が奥様の不倫の事実証拠を用意し、離婚調停で 証明すれば、奥様から離婚は出来なくなります。有責配偶者ということになり、離婚原因がある側から離婚の申し立ては出来ないという法律があるからです。ただし、きちんと法律的解釈のある証拠で不貞の事実を証明しなければなりません。離婚を迫られて離婚のタイミングに躊躇している場合など、このような方法で離婚を一時阻止しることも可能です。


浮気相手の特定

腐れ縁が問題

男と女が一度、深い関係になった場合、関係を断ち切るのは困難です。夫婦関係の修復には妨げになります。相手を排除したからといって奥様の気が旦那様に向くことはありませんが、 腐れ縁は何かと問題を引き起こします。

浮気相手の男性から慰謝料を取る!!
夫婦の修復において、浮気相手から慰謝料を取る目的は、謝罪(慰謝料)だけではなく、こちら側と今後に関わりを断ち切るという ケジメになります。仮に妻が「相手と別れたからもういいだろ」と言ってきても、今まで小さな嘘を重ねて浮気をして来た妻を本当に 信じられますか?
話合いの末、妻側が夫婦関係・婚姻生活を望む場合には、妻側と浮気相手の男性とのやり取りではなく、旦那様と浮気相手の男とで男性同士の決着で 浮気の件は決着を付けるためです。夫婦関係の修復に向けた話し合いは、奥様と旦那様ですが、浮気相手との決着は男性同士の決着をきちんと 済ませれば、後々にコソコソ二人の関係が続く腐れ縁の防止になり、夫婦問題に向き合うことにもなります。

夫婦の修復を見据えた方向

夫婦関係の修復を望まれる場合には、夫婦お互いの傷みはお互いに分かち合わないと根本からの修復は望めません。 妻の浮気の原因の50%は私にあり、50%は妻にあります。相手の至らなさを責める前に、この機会に相手の立場からみた 自分の至らなさに気づけば、夫婦の話し合いの時に大きな変化をもたらします。
その後で浮気の結果の責任の50%を自覚させて、残りの50%を浮気相手の男性に責任と取らせれば、夫婦関係の古傷を悪化させる ことがなくなるでしょう。


ライフサポート総合探偵社は、探偵としての仕事に加えて 長年 夫婦カウンセリングや離婚カウンセリングを行ってきております。証拠を手にした依頼者さんが使い方を間違えて、 泥沼に落ちる姿をみて、カウンセリング事業を立ち上げて、調査後のサポートもしてきました。小さなお子様を抱えての夫婦の困難な 時期の家庭もあるでしょう。できれば、困難を機に良い夫婦関係をつくり、子供にとっても良い機会になるような方法を見いだせれば良いのですが、様々な感情や不安が覆いかぶさり、視野が狭くなってしまうでしょう。探偵会社では、探偵業とカウンセリング業を両立して提供しているのが当社が先駆けになっています。調査後のカウンセリングサポートから夫婦関係を主に対応してくれる弁護士・行政書士の紹介まで行っています。

調査報告書

暗視カメラ 浮気の証拠
離婚・慰謝料を取るための探偵が用意する証拠
LINEやメールの内容・デートなどの少ない写真で慰謝料を取れる不貞の証拠と思ってしまっている場合が多く、 実際に話合いや行動を起こしてしまって、事態を大きくしてしまって離婚になり慰謝料や謝罪もない状況になってしまっている方々が出てきています。浮気相手から慰謝料・離婚調停・離婚裁判では、浮気の証拠ではなく不貞の証拠が必要になります。頼りになるプロの探偵が用意する不貞の証拠がここぞの時に役立ちます。
妻の浮気調査 妻の浮気の兆候や浮気相手・浮気調査のタイミング
妻との夫婦修復を視野にいれた浮気調査
妻との離婚を視野にいれた浮気調査
その他 浮気調査自分で出来る?
浮気調査費用

ライフサポート総合探偵社 相談室

探偵 相談室
静岡相談室 静岡県静岡市葵区御幸町11-8レイアップ御幸町ビル2F
MAP 静岡駅北口から徒歩3分の場所です。
詳しい地図でのご案内はこちらから
浜松相談室 静岡県浜松市中区元城町216-11鴻池元城ビル2F
MAP 浜松市役所から徒歩1分です。
詳しい地図でのご案内はこちらから
沼津相談室 静岡県沼津市花園町1-4venture office202
MAP 国道1号線と学園通り交差点(共栄町信号)付近です。御殿場・清水町・富士・伊豆方面からのわかりやすい場所です。
詳しい地図でのご案内はこちらから
お客様 電話相談窓口 9:00-23:00
FrreDaial:0120-559-445
お客様 メール相談窓口24時間
お約束 ・当社での調査に関する相談や見積もりは無料。相談・見積もりのみでもOK!!
・ご相談は静岡県の3拠点、静岡・浜松・沼津の相談室で行なえます。
・浮気調査など調査後のサポートもカウンセラーが無償でアフターケア
・ご依頼後に弁護士・行政書士など法律家の紹介も行っております。
・当社は、健全な探偵業務のため、探偵業許可書を各警察署に届出して営業
・探偵業法に従い、違法行為や暴力団に関わる探偵業務は行ってません。

※静岡県の3拠点の相談室で相談可能。
※相談・見積もり完全無料

お問い合わせフォーム

無料相談窓口

受付時間 9:00-23:00
free: 0120-559-445

静岡新聞取材

探偵業法について