慰謝料を取れるには理由がある

確かな証拠の裏付けが勝訴になっている

不倫関係の中途半端な終結は腐れ縁になる

いくら、夫婦関係を修復しようとしても、浮気相手の存在がどこかで繋がっていたら、人間関係を作り出すことは難しくなります。
そのため、どのようにしたら、パートナーと浮気相手の関係を修復することなく切るのかというと、シンプルに浮気相手からしっかり慰謝料を取ることです。

ただ、夫婦関係を修復したいにのであれば、パートナーに対する配慮をきちんとした上で行動に移さないと、本来の目的である夫婦関係修復が困難になるので、このポイントは丁寧に押さえなければなりません。


慰謝料を取る本当の目的とは

浮気調査を依頼すれば、その費用もかかりますし、行政書士や弁護士にも依頼すれば更に費用が嵩むことになるので、慰謝料はそのかかった費用を埋めることや、浮気相手から謝罪でもあります。
元々、コソコソ浮気をしているので直接、謝罪を言うような人間ではない方が大半です。しかし、慰謝料を支払うことは、浮気相手からしてみたら、(家庭はこわれてないのに、なんで私だけお金を払わないといけないの!!)こんな腹の内側になるのです。 そんな悔しい惨めな状況に追い込まれたのに、再度、不倫の関係になろうとなかなかなれません。
逆に、上手く逃げれた経験をえた人は、再度、関係を結ぶハードルが低いかと思います。

お金が目的で慰謝料を相手に請求はしないという方もいますが、ある意味、慰謝料を相手から取らないということは腐れ縁を強固にすることにもなります。きちんと、物事に向き合ってから、初めて新たな芽の息吹が育つので、自分自身の決着も含めて終結をお勧めします。

被害者であり加害者ということを知ると人間関係の修復になる

崩れた人間関係を修復して新たな関係を築くには、被害者や加害者という前提を捨てないとスタートをきれません。
実際に、男女共に浮気をしていますが、浮気をしている側が加害者で、そのパートナーが被害者というと、 浮気という視点では成り立ちますが、家庭内では、浮気をしている人が窮屈に追い込まれていて被害者で、知らず知らず 自分が加害者だったこともあります。

男性の浮気の場合には、女性が妊娠や出産をして、今まで旦那様を凄く大事にしてきたが、その先を子供に向きすぎて寂しい思いをしている旦那様がいたり、その寂しさに女性が突っ込み交際を誘うことが本当に多いです。

女性の浮気の場合には、結婚して女の子を出産して、旦那様がこの娘にベタベタの関係になって奥様としては、娘であるが、夫の心が同じ同姓である娘に行き、自分が女性ではなく母親や嫁としてのカテゴリーにされていることで、女性でいたい本心を他の男性に向けてしまうことも多いです。

どちらも、浮気をしたことは、加害者ではあるけれど、家の中では、被害者の部分があるから、逆切れをしたり不満やイライラしたりしているのです。

なかなか、浮気をされている側の自分が加害者である部分を認めるのは呑み込めないかと思いますが、パートナーといえども 他人で他人から見たり感じたり受け取る物が必ずしも自分と同じ物差しや常識が同じではないので、この部分に気づくと絶大なる信頼をパートナーから得る事にも実は繋がります。 give&takeの解釈で相手の本当に望んでいるものを与えることで、自分が本当に望んでいるものが叶う原理です。
しかし、相手の望んでいる本当のものを勘違いしたり、そう思い込んでしまっているとgive&takeが永遠に成立しないので、 相手の立場を知ることが非常に大切ですね。

お問合せ

会社名 ライフサポート総合探偵社(静岡本社)
設立 2004年10月
事業内容 探偵・興信所に関わる業務
電話番号 050-3764-7441
メールアドレス メール相談窓口24時間
友だち追加
業者営業 インターネット関連・広告・業務提携での問い合わせの場合、フリーダイヤル・電話での問い合わせは行わないようによろしくお願いします。→こちらから
Copyright(c) 2020 LIFE SUPPORT. All Rights Reserved.