慰謝料請求

相手との離縁・慰謝料請求・離婚のための調査報告書

目的を決めよう

目的によって重要な調査なのか簡易的な調査なのかはっきり分かれてくるので、調査する目的を明確にしておくことを お勧めします。

①浮気かどうかの確かめのみ(簡易的調査)
②事実を知って浮気だったら揉める可能性あり(重要と捉えておいた方が良い)
③浮気相手やパートナーに謝ってほしい謝らなかったら慰謝料請求(重要な調査)

④離婚や慰謝料請求の可能性あり(重要な調査)

簡易的調査か重要な調査の線引きは、自分の内に留めるか外に影響かあるのかどうかです。事実を知って本人のみが納得する分 には事が大きくなりませんが、パートナーを含め外に何かしらの影響がある場合には、腰を据えた調査をお勧めします。
特にお金が絡む可能性がある問題は、証拠の定義を法律目線にしておかないとドンデン返しで矛先が自分に向いて苦しむことが あります。法律目線の証拠とは、浮気=肉体関係の事実証拠になるので、キスや手を繋いでいた、などは証拠にならない可能性が あります。法律で浮気と認めて慰謝料の支払いを求める流れになれば、中途半端な証拠では後々に苦しい立場になりかねません。 一番の問題は、話し合いがスタートした後に基本的に浮気の証拠を追加して撮れないという事にです。

確かな証拠にプラスアルファー細かい証拠を積み重ねて


物事には、核があるように確かな証拠を核にして、
細かなLINEの内容やレシート・旅行履歴など細かな証拠が
雪だるまのように活きてきますが、細かな証拠は不透明な上の想像になるので小さな視点ではなく、
大きな視点から細かな配慮をする視点で準備が必要になります。

慰謝料請求に関わる場合いは、ラブホテルの出入りで3回程度・自宅の出入り3回以上(時間帯も重要)が一つの目安になります。その証拠があって尚且つ細かな証拠で交際期間を証明したり関係の深さに繋がる意図を明確にさせると調停や裁判になった場合でも強いサポートになります。

調査報告書は、書面・写真・動画!!




法的証拠は、基本的に書面での報告書になるので一般的な調査報告書は書面のみです。
でも、動画を調査報告書に付け加えてくれる探偵事務所を選んだ方が良いので
動画を調査報告書に添えている探偵社選びをお勧めします。

理由①
写真は一部の場面になるので、出来事を勘違いし易い。
(仮に二人が寄り添った後ろ姿の写真があったとして、写真だけだと恋人で仲が良いと思いますが、 動画で見ると嫌がる男性に女性が積極的だったりします。)

理由②
肉眼や写真では認識できない証拠がある場合もあり。 (例えば、浮気相手のアパートに通っている証拠では、動画で相手の自宅の鍵を開けている様子が判明して合鍵の事実が判明し交際の深さを証明できることもあります)

理由③
質の良い探偵事務所の可能性が高い
(単純に丁寧な探偵事務所は動画も編集して依頼者にお渡ししているケースが多いです。)

当社では、調停や裁判で証拠提出される前提で調査・調査報告書の作成を行っております。
また、離婚ではなく夫婦修復に向けて行きたい方には、調査によってパートナーが浮気相手に求めている部分まで把握するため、 パートナーとぶつかり合う話し合いではなく理解し合う話し合いにするためのアドバイスのサポートも行っております。

プロの視野によって選べる選択肢の可能性を広げるお役もさせて頂いております。
当社は、探偵業と並行して十年以上、夫婦カウンセリングや離婚カウンセリング事業を行っているため、より多くの選択肢と視野の提供が可能です。

→無料相談・調査見積について

お問合せ

会社名 ライフサポート総合探偵社(静岡本社)
設立 2004年10月
事業内容 探偵・興信所に関わる業務
電話番号 050-3764-7441
メールアドレス メール相談窓口24時間
友だち追加
業者営業 インターネット関連・広告・業務提携での問い合わせの場合、フリーダイヤル・電話での問い合わせは行わないようによろしくお願いします。→こちらから
Copyright(c) 2020 LIFE SUPPORT. All Rights Reserved.