浮気の終止符


夫に浮気を辞めて欲しい気持ちには、

そもそも他の女性に心と体を預けているのに、 一緒に生活するのが生理的に無理。

子供の成長の事を考えて離婚はしたくない。
離婚後の金銭的負担を考えると今の生活を変えたくない
もっと夫婦で向合いたい気持ちがある。
これ以上、浮気相手に夢中になると家計に影響があるから
浮気している夫と生活しているのが精神的に苦痛

細かく言えばもっと理由はあるかと思います。
浮気相手と別れさせる方法がいくつかありますが、メリットとデメリットがあります。
どの選択肢なら納得がいくかを前もって知っていれば、
こんなはずじゃなかったという言葉を未来にいうことはなくなります。

最短最速での方法

この方法は、感情任せに嫌だということです。
女性の伝え方は間接的に意思疎通しようとしますが、男性は直接的に嫌なものは嫌だとはっきり断言して言われないと、 受取れない生き物です。
自分では言っているつもりでも、相手からしてみたら遠まわしで話が長いと、要点が混乱して理解できない男性も多いです。
この方法のデメリットは、デメリットを想定できないことです。
行き当たりばったりの行動をする覚悟は、行き当たりばったりの結果を受け止める覚悟が必要です。
夫婦関係が1年や3年と短く夫婦が恋人のような関係にある二人なら、この方法は効力ありかもしれませんが、 貴方の思惑に、金銭・子供などが本当は優先で夫を愛しているが一番ではない場合には、 デメリットが大きい方法なのでお勧めしません。

やり方は簡単ですが得られる結果はギャンブル。

伝えることからスタート

男の浮気は、どうしてすると思いますか?
浮気男性一番の理由は、家に居場所がない。寂しさや虚しさを穴埋めするためです。
性欲や所有欲もありますが、実は家庭内で満たされない空虚感を埋めたい気持ちを抱いていた人が浮気にはまっています。
こんな男性は、真面目で寂しがり屋です。

真面目=柔軟性がない。だから、浮気をそそのかす女性に疑いの目がなく、駆け引きしている女性の裏の顔を恋愛で経験 しないで結婚生活している人が多いです。つまり、浮気女性の罠に罠にかかっているとも気づかず相手を擁護してしまう ことになります。

寂しがり屋は、子供が産まれた後に、奥様の注目を子供に取られて、子供中心に家庭が成り立っていると、
自分に注目してくれる人が家にいないとおもうと、浮気に走りやすいです。
寂しがり屋は常に自分を見てもらいたいので、この役割を浮気相手がしている可能性ありです。


夫婦関係の良好も望むのであれば、戦相手から学ぶべきで、浮気相手が奥様から奪った仕事を、 家で積極的にすることです。
基本的に家がベースで生活しているのであれば、毎日過ごしている奥様が浮気相手より優位で旦那様の心を射止める チャンスは多いはずです。
お子さんがいて子供に時間を割かれるようであれば、子供をドンドン寝かせて夫婦が話しやすい雰囲気を作ったり、 和やかな場を提供することで、男性は自分が大切にされている。自分の居場所があると思うものです。
本来、家にいたい人であれば、願いが叶うことになり、叶ってない時に必要だった人は少しずつ必要でなくなる方向に なりますが、男性はトドメを射せないひとが多いので、夫婦関係が改善する兆しが充分にあったら、
旦那様は奥様の存在を重要となりますので、浮気相手と合わせて欲しいという交渉をして、 浮気相手に釘を刺す方法です。ここで、浮気調査などで証拠があれば、浮気相手に慰謝料請求をしたり、 次にコソコソあったら、慰謝料を払うという念書を書かせるのも場合によってはよいと思います。

相手の気持ちを先回りすることで、チャンスは広がるが期待はしないこと。

確実に終わらせる


夫婦関係を自分も含めて改善したい方向で浮気相手と別れさせる方法は、和解を機に良い関係は、2のやり方を基本として、 各夫婦ごとに合わせる必要がありますが、

自分は基本的に変わりたくないを前提に目的オンリーとなるので、ドライにならざる得ません。
しかし、浮気相手と交際は続けられなく、離婚もできない方法はあります。
それは、ガチガチの浮気の証拠を撮り、浮気相手には慰謝料請求でプレッシャーをかけて、 夫側には、離婚を言われても、有責配偶者(浮気をしている側が離婚はできない)としての証拠に浮気の証拠を使えば、 旦那さん側から離婚はできません。
別居となっても、その期間の婚姻費用は、請求できるので、離婚が成立しての養育費ではなく生活費のある程度の保証が あります。

また、浮気相手から慰謝料を請求するタイミングは、いくら関係が良好なカップルでも喧嘩したり 不満が溜まることがあります。雨が振るタイミングがあるので、そこを見逃さず行動に移せば浮気相手との関係に 大きな溝ができやすいです。事実、浮気調査の期間中に、二人が喧嘩したり、女性が感情的になっている 場面を撮影しております。順風満帆の日々だけではなく順風満帆の後は嵐の前触れと思い、浮気の証拠を重ねると 形勢逆転の展開も出てきます。

自分のあり方を変えずに、相手が変わる可能性は極少ないです。強引にすれば代償も大きくなります。
夫婦が寄り添う事が目的であれば、その行動と言葉が必要になり、
浮気相手や離婚を避けるのが目的であれば、そのやり方を徹底的に固める必要があります。
勿論、夫婦関係も良くなり、浮気相手にも納得の行く結果になった方もサポートしているので、そうもなります。
ただ、今の時点で自分なりに認めたくない現実や自分のあり方を受け入れないこともあるのが事実です。

何を望むかは、お読み頂いている主人公の貴方です。何かを得れば受け入れたくない事もどんどん受け入れたりする必要もあります。
ただ、少し受取り方を、違う角度にするだけで、このやり方だったら私やれます!という前向きにもなる方も多くいるので、 成長できる時を考えるのも良いですね。

お問合せ

会社名 ライフサポート総合探偵社(静岡本社)
設立 2004年10月
事業内容 探偵・興信所に関わる業務
電話番号 050-3764-7441
メールアドレス メール相談窓口24時間
友だち追加
業者営業 インターネット関連・広告・業務提携での問い合わせの場合、フリーダイヤル・電話での問い合わせは行わないようによろしくお願いします。→こちらから
Copyright(c) 2021 LIFE SUPPORT. All Rights Reserved.