離婚の準備と必要な証拠

0120-559-445受付時間:9:00~23:00 相談無料

不貞の証拠は離婚の準備

不貞の事実証拠

冷え切った夫婦仲に加えて夫に浮気している気配や浮気している事が判明している時には、離婚も考えることもあるかと思います。 夫婦仲が冷え切った期間が数年単位であれば、根本的生活スタイルや夫婦のあり方・考え方の根底から変えたいと夫婦の二人が思わない限りに自然と良くなることはないです。離婚という選択肢も夫婦が修復して夫婦再建するのも決心と体力がいりますが、悶々とした曇った日々とは違った心の天気となるでしょう。離婚においては、お互いに言い分と非があり、どちらが悪いともいえないし、どちらが素晴らしいともいえないですが、離婚をしたいとなれば、離婚するための原因を用意する必要があります。夫婦関係崩壊や性格の不一致としても、お互いに離婚に同意していれば離婚は成立する方法にはなりますが、どちらかが離婚を避けたいと思っていたり、離婚は同意するけれど浮気を認めない。慰謝料はないとなれば、離婚が泥沼になります。
女性の不倫事情と男性の不倫に対する根本的生物的考え方の違いで、不倫=相手に全てという考え方の女性と
不倫=不倫は不倫・家族は家族でどちらも捨てられないという男性も中にはいます。
このような男性の場合には、女性の妻側としては、離婚に同意するはずと思っていても、いざ離婚の話となると必死に離婚を認めない男性も います。そのため、離婚理由の証明できる証拠は必要になってきます。

公正証書
夫が浮気をしている場合には、どんな状況であっても、こちら側の一定の主張を通して離婚をしたいと思えば、夫側の具体的に離婚原因を持っておく準備が必要になってきます。口約束や二人の間での約束事は、実際の公的場で十分にひっくり返せることは容易だからです。 離婚調停で言った言わない。認めた言わされた。という泥沼離婚は準備のない見切りスタートで離婚をしようとしたり、安易に考えて行動した人達に起こる行った先の出来事なのです。
浮気写真
浮気の証拠とそうでない証拠の違い
夫が浮気をしていれば浮気の証拠を何度か撮り不貞の証拠にすれば、離婚の際の優位な展開を作りやすくなります。夫にとっては弱みであり、 撮られたことを知らないで調停に来れば、嘘八百を並べて都合よく話をした先に、不貞の事実を調停員が知れば、調停員は、夫に対してどのような心象を抱くかお分かりかと思います。調停や裁判の場が勝負の場であれば、勝負は始まる前に決まっているのです。自分に言い分があるように同じだけの言い分を夫が持っています。それをも上回る離婚原因がなければ、経済的・親権問題などに不利になる場合もあることを想定しなければなりません。夫が浮気をしているのであれば、素直に法的に使える証拠を用意しておけば、精神的にも、後々の経済的・離婚条件の交渉も優位になりますよ。離婚も含めて争いごとでは100%の勝利は、後に怨恨を買いますので、自分で20%~30%を相手に勝たせてあげるくらいに余裕をもつと離婚後のトラブルもグッと減ります。相手に勝ちを譲る20%~30%の部分は、こちらでコントロールして勝たせてあげるくらいの余裕が必要です。

ライフサポート総合探偵社 静岡相談室

探偵 静岡相談室
相談室 静岡県静岡市葵区御幸町11-8レイアップ御幸町ビル2F
MAP 静岡駅北口から徒歩3分の場所です。
詳しい地図でのご案内はこちらから
お客様 電話相談窓口 9:00-23:00
FrreDaial:0120-559-445
お客様 メール相談窓口24時間
お約束 ・当社での調査に関する相談や見積もりは無料。相談・見積もりのみでもOK!!
・ご相談は静岡県の3拠点、静岡・浜松・沼津の相談室で行なえます。
・浮気調査など調査後のサポートもカウンセラーが無償でアフターケア
・ご依頼後に弁護士・行政書士など法律家の紹介も行っております。
・当社は、健全な探偵業務のため、探偵業許可書を静岡警察署に届出して営業
・探偵業法に従い、違法行為や暴力団に関わる探偵業務は行ってません。
その他 インターネット関連・広告・業務提携での問い合わせの場合、フリーダイヤル・電話での問い合わせは行わないようによろしくお願いします。→こちらから

※諸所の事情で静岡市の相談室に来るのが難しい(焼津・藤枝・島田市)方や体調不良・妊娠中・小さなお子様がいる・幼稚園などのお迎えの時間で時間がとれない方は、ご都合の良い場所での相談も可能です。出てこられる地域の喫茶店やファミレス、自宅や実家などで相談を希望されるケースもあるので相談にお伺いすることもできますので、お知らせ下さい。

※静岡県の3拠点の相談室で相談可能。
※相談・見積もり完全無料

お問い合わせフォーム

無料相談窓口

受付時間 9:00-23:00
free: 0120-559-445

静岡新聞取材

探偵業法について