不条理な離婚を阻止する方法

0120-559-445受付時間:9:00~23:00 相談無料

貴方は、その離婚に本当に納得していますか?

妻の浮気調査夫の不倫調査依頼

自分の本心と相手の本当の本心を知る

人は、目の前の問題を押し付けられると自分の本心も妥協させてしまう気持ちにもなり、パートナーが異性で性格や育ちを違うにも関わらず、自分側の狭い視野で相手の本心を 決めてしまう傾向にあります。仮に腑に落ちない状況で離婚や離婚条件を決定してしまうと、その時点で明暗が分かれてしまいます。自分を知り・相手を理解することで、 実は、シンプルに問題に迫られる強迫観念から距離が取れて視野が広がります。

自分の本心を知ろう
離婚を責め立てる相手の本心と本音を知ろう
今の自分にできる事・出来ない事・これからの問題に準備
夫婦生活は、相手の人生でもあるが、貴方の人生・自分の選択肢を主張できる環境を
物事が争う際の勝ち方。完全勝利は憎しみを産む

1自分の本心を知ろう


男性も女性も責め立てたれ続けると、相手の言っていることが正しいのでは・・・と傾く事があります。この事が思うのが正常な状態です。人は完璧を目指したいと 思うけれど、完璧でないのが人なので、自分の生きる答えが不安定になることがあります。そこで、絶対的な強い主張で言い寄られると、引きずり込まれることも確かにありますが、

天使の声は「ちょっと待てよ・・・」
と耳元で囁いてくれます。ここで確かめた心の答えが自分の本心になるので、パートナーが浮気をしていて、
・離婚自体に納得がいかない
・離婚は認めるが離婚内容では自分の主張がある
・浮気相手の存在に対して、慰謝料請求をしたい
・パートナーからも慰謝料を取りたい
・責められて精神的に追い詰められた事にも、慰謝料として請求したい
・数年間の生活費の保証を約束させたい
・養育費についての確約をとりたい
・本心は、パートナーの事が好きで修復をも望んでいる

など、相手の気持ちなどを排除して自分自身の胸の内を確かめることから、問題解決のスタートが始まります。

2離婚を責め立てる相手の本心と本音を知ろう


心が外を向いている状態のときには、自分の都合で相手の状態を創りだしてしまうことがあります。まるで、サングラスをして物事を見てしまうように、 自分都合というフィルターを透して見るので、本当の相手の本心が見えない場合があります。
高圧的に物事を言ってくる夫や感情的に物事を言ってくる妻の奥にある本音は、何だろうか????と冷静になると、

パートナーの本音が水晶玉のように見えてきます。

元々、優柔不断でプレッシャーに弱い面がある夫の場合は、裏に隠れている不倫相手の女性がプレッシャーをかけている場合もあります。
物事を腰を据えていくことができない妻の場合には、満たされない家庭内から満たしてくれる都合の良い相手が魅力に感じて、現実逃避のような逃げたい一心での 感情的な面で伝えてくる場合もあります。
パートナーが言葉で言ってくる裏にある背景を見る意識をすることで、自分と攻撃的になっているパートナーとの間に隙間ができて、自分にとって気を休めれる 空間を創れます。

3今の自分にできる事・出来ない事・これからの問題に準備


夫婦で不安定な状態である場合、不倫している二人の関係でも不安定にある場合もあるので、離婚を迫るパートナーがそちらに気を取られている時に、 自分にできる事・できない事・これからの自分にとって何をすべきかを決断しておくことで、 夫婦として決断をする場面で、自分の意志と主張が通ることにも繋がります。

パートナーが不倫している場合には、不貞の証拠を撮ることができることにもなります。
不貞の証拠は、LINEなどでは証拠の能力が高くないので、法律的観点から見た証拠を揃えることが重要になります。

法律的観点の証拠は→探偵が撮る証拠

できる事のその他には、パートナーの財産(通帳・年収・保険)など写真撮影したり、コピーを取ることが重要です。副収入がある場合には確定申告書のコピーや写真で残すなどがポイントです。

できない事については、相手をコントロールしたり、自分の都合に合わさせたり、首輪で繋ぐように相手を自分から離れないようにすることです。 パートナーが何故、浮気しなければならなかったのかを考えたり、不倫相手が何をしているから相手の居場所があるのかを知ると、自分がパートナーにしていなかった役割で パートナーが貴方に理解してもらいたかった部分を不倫相手が一生懸命に仕事をして居場所を創っていることがあります。
過去の自分の立場ではなく、今の自分の立場と身の丈を自分で知る事でできない事が明確になります。

4夫婦生活は、相手の人生でもあるが、貴方の人生・自分の選択肢を主張できる環境を


人は、自分で選択するより、選択してもらう事の方が楽と思ってしまう生き物ですが、行った先で後悔したり、不満を口にします。
そのため、自分自ら選択して責任を負うことが自立というスタートになります。精神的自立は離婚とは別で夫婦でいるため、人と生きていくための ゼロ地点になります。例え、ウンと首を縦に振ったのも、自己責任と認識することで、精神的自立になります。お互いが依存や執着している関係からは、 +要素と未来の展望が見えてきません。
夫婦の修復を希望される場合、離婚する方、迷っている方。時間の猶予をとって決断したい方のすべてが、精神的自立をスタートにしていくと、 自己責任の意識が生まれて、納得のいく人生を歩める糧になります。

5物事が争う際の勝ち方。完全勝利は憎しみを産む


物事の決着は、準備を怠らず着実に勝負に挑んだ人の勝利の確率は高くなります。勝者はどのような勝ち方をして終わらせるかも選ぶこともできてしまうのです。
争うごとの解決をするときに、徹底的に勝利や完全勝利をしてしまうことで、負けた相手の心にしこりや遺恨が残り、 後々に貴方の足を引っかけられたり、横槍を刺されたりたりと思わぬ時に怪我をしてしまう恐れがあります。そのため、喧嘩上手な人は、自分の譲れる範囲を敢えて、 相手に勝利を譲り、シコリや遺恨を残さない配慮を未来のためにしています。

自分がされた思いや憎しみがあるかと思いますが、 自分が未来に歩みだした時に、明るい未来に汚点をつけられたり、行く先で邪魔をされたら足止めをくらいます。

完全勝利を避けるのは、明るい未来の予防策なのです。

しかし、譲る部分はあくまで自分側でコントロール範囲内にして下さい。

ライフサポート総合探偵社 静岡相談室

探偵 静岡相談室
相談室 静岡県静岡市葵区御幸町11-8レイアップ御幸町ビル2F
MAP 静岡駅北口から徒歩3分の場所です。
詳しい地図でのご案内はこちらから
お客様 電話相談窓口 9:00-23:00
FrreDaial:0120-559-445
お客様 メール相談窓口24時間
お約束 ・当社での調査に関する相談や見積もりは無料。相談・見積もりのみでもOK!!
・ご相談は静岡県の3拠点、静岡・浜松・沼津の相談室で行なえます。
・浮気調査など調査後のサポートもカウンセラーが無償でアフターケア
・ご依頼後に弁護士・行政書士など法律家の紹介も行っております。
・当社は、健全な探偵業務のため、探偵業許可書を静岡警察署に届出して営業
・探偵業法に従い、違法行為や暴力団に関わる探偵業務は行ってません。
その他 インターネット関連・広告・業務提携での問い合わせの場合、フリーダイヤル・電話での問い合わせは行わないようによろしくお願いします。→こちらから

※諸所の事情で静岡市の相談室に来るのが難しい(焼津・藤枝・島田市)方や体調不良・妊娠中・小さなお子様がいる・幼稚園などのお迎えの時間で時間がとれない方は、ご都合の良い場所での相談も可能です。出てこられる地域の喫茶店やファミレス、自宅や実家などで相談を希望されるケースもあるので相談にお伺いすることもできますので、お知らせ下さい。

お問い合わせフォーム

無料相談窓口

受付時間 9:00-23:00
free: 0120-559-445

静岡新聞取材

探偵業法について